ハウスクリーニング・ワンは大阪・堺市を拠点に活動中です!

キッチンお手入れ

キッチンのお手入れ ハウスクリーニング

レンジフード及び換気扇

油汚れ落としの洗剤等は色々ありますが、まずは油汚れを防止する事が先決です。一番効果の高い「交換式のフィルター」を市販であるもので結構なので、必ず取り付けましょう。

※お勧めは綿タイプです。厚めと薄めがありますが、厚めは油のブロックが強く内部の汚れが最小限に抑えられますが、詰まるのが早く交換頻度が高くなります。薄めはその真逆と考えて頂ければ良いです。

ハウスクリーニングはお任せ下さい。


ガスコンロ

大そうじの際、一番苦労するところが五徳(ドーナツ型の鍋受け)ですね。理想は毎回噴きこぼれの汚れを洗い落とせば良いのですが毎回出来ない方は、出来る限り定期的にクリーニングされる事をお勧めします。クリーニング方法は、不要なフライパン等があればベターですが、そこに水と重曹を適量入れ、お湯を沸かして下さい。

※この際、お湯が沸いてから重曹を入れると、危険ですのでご注意ください。

そしてしばらく熱してから、火を止め半日放置すればそうとう酷い汚れでなければナイロンタワシ等でこすると大抵はきれいになります。
それでも落ちない固着してしまった汚れはご相談下さい。

ハウスクリーニングはお任せ下さい。


IHコンロ

ガラストップにもリング状の焦げ付いた汚れをよく見かけます。
こちらは市販の油汚れ洗剤をスプレーし、その後キッチンタオル等で汚れの箇所を覆い、更にその上から洗剤をスプレーし、しばらく放置すれば汚れが柔らかくなるのでその後はナイロンタワシ等で軽くこすれば落ちます。

汚れ防止方法としましては、市販のIHヒーター用シートがございます。ホームセンター等何処でもあります。

ハウスクリーニングはお任せ下さい。


シンク(流し台)

表面のツヤが無くなったり、白っぽい輪染みの水アカ等は酸性洗剤が効果的です。ですが、トイレで使用するタイプの洗剤はステンレス素材を傷め、黒ずんだり染みが着いてしまうので、クエン酸やお酢タイプの洗剤がお勧めです。

又、ツヤの無くなる原因として油分の付着も考えられるので、その場合は通常の弱アルカリタイプの食器洗い洗剤でも輝きは取り戻せるでしょう。

それでもどうにもならない時は酸性クレンザー等を使用しますがその際は一定の目(横目)に沿って磨くのですが、ご無理なさらず私どもにご依頼下さい。

日々のお手入れは、とにかく水気を切る事です。しつこい水アカの原因は水道水に含まれるカルキ成分が固着したものです。これらが蓄積されるとプロでも除去が困難となりますので、もしそうなった場合はご相談下さい。

ハウスクリーニングはお任せ下さい。


カウンタートップ

ステンレスタイプは上記のシンクで挙げました方法で結構ですが、人造大理石等の場合は、水分等を吸収する性質があります。例えば白っぽいカウンターにカレー等をこぼしたまま放置すると黄色い色素が染み込んで落ちなくなります。

また、熱に弱い性質がありますので、ヤカン等を直接置くと焦げてしまう場合もあります。そうなるとどうする事も出来ないので注意が必要です。
軽い汚れであれば多少の研磨で落ちる場合もありますので、その場合も一度ご相談下さい。


キッチンメニューへ

ハウスクリーニングはお任せ下さい。


13456789101112

powered by HAIK 7.0.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional