ハウスクリーニングを自らやってみる(レンジフード編)

レンジフードの汚れ具合は油物の調理頻度や環境により異なりますが、油汚れは一定の期間放置すると油が固着し清掃が困難になり、また素材の劣化を進めるため、最低でも1年に一度は下記の様な分解洗浄をおすすめします

1.フィルターを外す
フィルター外し
レンジフード正面のフィルターを外します
※フィルターの脱着方法は各メーカーにより異なるため、各自取扱説明書のご確認をお願いします

2.ファンカバーのフタを外す
ファンカバーフタ外し
ファンカバー正面の円形フタを外します
大抵は正面から固定しているビスを緩めることで外すことが可能です

3.ファン固定ネジを外す
ファン固定ネジ外し
シロッコファンを中心で固定している手回しネジを外します
油で手が滑る場合はネジをキッチンタオルなどで覆うと回しやすくなります

4.シロッコファンを外す
シロッコファン外し
モーター軸に差し込まれているシロッコファンを前に引き出し、そのまま真っすぐ抜き取ります

5.ファンの漬け置き・洗浄
シロッコファン洗浄
市販のアルカリ系漬け置き用洗剤を60度程度のお湯に溶かし、取り外したファンを漬け置き、ブラシなどを使用し洗浄します

6.パーツの洗浄
パーツ洗浄
先に外したパーツ類全てを漬け置き、固着した油汚れが溶け出したらナイロンたわしやブラシを使用し洗浄します

7.ファンカバー内部の洗浄
ファン内部の洗浄
ファンカバー内部は大変汚れます。まずはヘラ(不要なクレジットカードなど)で大まかに油をこそぎ落し、その後洗剤やブラシ、ナイロンたわしで洗浄します

8.レンジフードの復旧
レンジフード復旧
最初に外したファンを初め洗浄した全てのパーツを逆の手順で元に戻し、復旧させ完了です

フィルターの仕様
フィルターの仕様
画像のタイプ(市販品:綿仕様フィルター)は内部への油の進入を効果的に抑制する機能があるため、おススメです


尚、上記と仕様の異なる機種やさまざまな理由で対応不可能な場合はいつでも、ハウスクリーニング・ワン 大阪にお任せ下さい!


大阪のハウスクリーニング・ワンへお気軽にお問合せください

キッチンのクリーニングはセットがお得です

キッチンを丸ごとクリーニング

レンジフードのクリーニングと、コンロ・グリル・シンクなど
キッチンまるごとクリーニングのお得なセットです。

音や匂いの原因をクリーニングで防ぎましょう。

定期的にプロの清掃で、きれいなキッチンを長くキープ

新築や、リフォーム後のキッチンも定期的にプロのクリーニングがおすすめします。